読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喉ガラガラさん

 

 

毎日同じ会社で同じ仕事を繰り返すって日々から

何度も何度も変わりたいと思って

環境を変えようとしてみたり

思い切って職場を変えようとしてみたり

とにかく自分の感情と

葛藤しまくって彷徨いまくって

結局

今いる場所や環境を変えないという決断を先日しました。

 

なぜかというと

 

そう本気で思っていれば

そのときからすでに自分の日常がちょっと変化しているだろうなと思ったからです。

 

 

頭の中で

”変わりたい!”と

思うのは全然自由ですし

向上心があるってことだから

私はそう考えることは大切だと思います。

 

ただ

あえて自分から

仕事だったり環境だったりの

外側からの変化を作ろうとしなくても

 

変わりたいと思ったときすでに

行動や考え方、身の回りがちょっと変わっているはずだと思うのです。

 

 

私自身は

仮にいま外側から変えようとしたところで

本当に外側が変わっただけ

中身がその変化に対応できるような人間に

まだなりきれていない。

 

シュークリームに例えるなら

シュー生地は完璧でも

中にクリームが入っていなかったら

それはスイーツとして成立しないみたいな感覚。

 

 (ちょっと小腹がすいてきたので食べ物の話を組み込んでみました)

 

 

 

そりゃもちろん好きなことしてお金を稼ぎたいです

好きなことだけをして生活ができたら幸せです

 

 

働くこと=対価=思い描く人生だったら

幸せじゃないですかぁぁぁああ!

 

私だけじゃなくて大体のみんなが

そう思っているはず

 

あとはそれをやるかやらないかの選択でしょう?

と自負していたし何度も自分なりにやりかけてみた。

 

 

 

だけどきっと本当に好きなことをして

それだけでお金を稼ぐ人現実にはいないだろうし

仮にいたとしてもごくわずかなのかなって。

 

最初は”好き”

それだけの感情だったのかもしれないけれど

 

お金が発生してくると

 

お金を払ってくれる人や

価値を認めてくれる会社や

とにかく

自分以外の

自分をいいと思ってくれる人のために

目的がちょっと変化しているんだと思う

 

そしたらそこに自分の

“好き”というたった一つの感情だけで

周りを幸せにすることができるのかどうかあやふやに感じてきて

自分の感情と働く目的との矛盾点に頭を悩ませてしまう日々が訪れるんだろうな

 

自分以外の

自分をいいと思ってくれる人のために

 

好きだと思っていたことも結局

誰か越しの好きに変わってきてしまうような

 

 

 

 あれ、それって・・・・・

 

やりたくない会社で働いているのと同じじゃない?と

 なんか振り出し戻されたみたいだよね 意味ないじゃん!

 

 

今はぼやけすぎていて本当に何がしたいのかなんてはっきり1つに絞ることなんてできないし1つだけに縛りたくもないと思っている。自分の可能性はまだまだ無限大にあると信じているしなんならやりたいと思ったこと全部やりたいから。それがいつか大きなものになってたくさんの人の心を動かすことができらいいなって本当具体性に欠けた大きい夢だけれども

 

 

 

それを本当にいつかなにかで実現するためには

その夢を実現するためにふさわしい人間になるためには

 

 

いまこの環境で固めておかなければならないこと

たくさんあるってそう思った。

仕事をこなすことはもちろんそうだけれど

この会社から学ぶことができるものを

たくさん自分のものにしたらいい

 

周りの人から愛されたり慕われる存在になる

お客様から信頼されるような存在になる

言葉にしたらキリがないくらい

あとはそれをいかに自分らしく自分のものにしていくか

 

結局は自分の力にかかっているの

 

 

ならば

今のところでいかにたくさんの人の人生を幸福にすることが

自分の力でできるのか・・・それをもっと考えてやってみるしかないのかなーと。

 

昨日上司に4時間近く語ってしまい

私はいまものすごく喉がガラガラで・・・・声が出ない

 

でもブログってすごいなぁ

こうして伝えたいことが言葉にできないときでも

もじに

文章に残して思いを表現できるのだもの。

 

いま喉ガラガラの私にはとてもとても手放せない

風邪なのか単なる喋りすぎなのか

はっきりさせたいけところだけれど

病院嫌いを拭う努力を

遂行する時が来ているのかなぁ・・・

(栄養ドリンクをグビッと一気飲み)

HASY

[ HASY]

Hitomi

Arisa

Saki

Yukiko

 

それぞれの頭文字を1つずつ合わせて

”HASY” と私たちは呼んでいます。

 

小さなころから走ることが大好きな女の子4人組

HASYは、高校時代の陸上部で結成しました。

 

 

私(saki)の幼少期は

 

おままごとや人形遊びなど

まわりの女の子たちがやるような遊びには

一切とらわれることなく

雨の日も、風の日も

とにかく外で男の子と

かけっこばかりしている

そんな女の子でした。

 

 一言で表すならそう、それです。

やんちゃ

(笑)

 

 

私にとってこの3人との出会いは

まさしく“運命”で

今はそれぞれ離れた場所で生活していますが

たとえ離れていても

無限大に生きる勇気や希望、パワーをわけあたえてくれる

 

おおきな、おおきな

とってもおおきな心の支えなのです。

 

 

先日は久しぶりの再会も果たすことができて

いったい何日分笑ったのだろうと

思い出しながら

また一人でニマニマ笑えそうになるほど

素敵な時間を過ごしました。

 

歳を重ねてもこうして

会いたい、繋がっていたいと思える関係。

 

みなさんにはありますか?

 

私は、HASYに出会えたことが

 

自分にとってなによりも幸せなことで

財産としていつも心の中で輝き続けています。

  

これからHASYの軌跡について

私なりに、面白みを加えながら

たまに、ちょっと涙を交えながら(笑)

このブログで発信していきたいと思います。

 

これを読んだ世界の誰かに

あったかくなるようなモノが発信できたら幸いです。 

ティッシュにまつわるエトセトラ

 

休みの日に一人でドライブするのが好きです。

運転ってあたりまえにこなさなくてはいけないこと

(アクセルを踏むとかブレーキを踏むとかウィンカーをあげるとか、

とにかくやることが多い、言葉にしたらものすごく大変なように思えてきたけどそれをあたりまえにこなしている自分すごいなって実感中)があるが

 

ただやみくもに考え事とか悩み事で

頭が痛くなってしまう日常から少し解放されたいなと感じたときは

 

生きたい場所に進みたい道に連れていってくれる、そんな

”くるま”に

私はとても魅力感じているから

自分の人生には欠かせない宝物として所有しています。

 

 

そのドライブ中に

もう1つ好きなことがあって。

それはなにかというと

 

車を走らせながら、

誰かに語り掛けるように自分の話をする。

 

 

これ、

ちょっと痛い人間だなって思われるかもしれないですが

(笑)

 

 

ものすっごくスッキリするんですよ。本当に。

一度みなさんも試してみてほしいんですよ。本当に。

 

 

たとえば

ラジオのDJに自分がなったような感覚で

 

聴いてくれるリスナー達(実際リスナーなど一人もいない)に

私の気持ちだったりとか思いなど言葉にして

発信する、みたいな。あくまでも車の中だけど。

そういうイメージを頭で妄想しながら

運転中誰かに語り掛けるように自分の話とかしています。

 

ちょっとヤバい、説明すればするほど

この人ヤバい感出ちゃってないか少々不安がよぎる。

 

 

ちなみに一言目の口癖は決まって

そうですねーから始まるの。

誰かに質問されて

その質問に応えるようにして話す瞬間が

なんとなく好きだからよく使っちゃう。(笑)

 

そしてさらには

 

本当ごくまれに

 

ごくまれに、ですよ本当

 

 

よほど気分がいい時に限るのですが

 

勝手に曲とかも紹介して

よりリアリティーを演出してみたりとか(笑)

 

もう、本格的にこの人ヤバい感でてる。

確実に、正確にヤバい感じ出ちゃってるし伝わってきているよ。

 

 

 

それで昨日のドライブは

ティッシュ

の話になりました。

なぜそうなったのか・・・・

経緯は残念ながら全く覚えていないのですが

当たり前に普段使っているティッシュ

それを自分の働き方に見立てて

考えてみるということが

突然頭のなかでふと思い浮かびました。

 

 

ティッシュって鼻水を噛んだりだとか

汚れたテーブルを拭いたりだとか

使い方がとても自由自在じゃないですか。

 

す、すごい。こりゃすごいぞ。

う、羨ましい、こりゃ羨ましいぞ。

 

 

「私の思い描く働き方も

ティッシュのように引き出し多かったらいいなぁ。

1回使ったらポイっとゴミ箱に捨てて

また新しいティッシュに手を伸ばすような感覚で

お仕事も1回働いて自分の役割果たせたなと感じたら

また新しいお仕事に手を伸ばしてみる

そんな手軽さや自由な感じで働くことができたらいいなぁ。

ティッシュライフを送りたい、ティッシュになり・・・

 

わたしはティッシュになりたい。」

 

 

 ?

 

そういう自由な働き方をしている人を

変わり者として扱うような風潮まだ日本には多い気がするし

 

私自身も羨ましいと思う反面

実際そういった働き方実現できていない1人でもあるし

 

私以外にも同じように思っている人たくさんいると思うけど

 

実現できている人ってその中で果たして何人いるのだろうか。

 

 

 

ティッシュを普段何気なく使う感覚と同じで

私のこれからの人生

一つの働き方やお仕事にこだわるのも

もちろん大事なのかもしれないけれど

必ずしも一つに固執するのではなくて

 

どんどん新たな仕事や経験などに触れて

その一つ一つを全力でこなしていく。

 

そういう生き方をしていればきっと

自分の理想の人生や生き方なんかが

今よりもっともっと明確に見えてくるような気がして

そしたらそれはもう楽しみでワクワクで仕方ない

絶対絶対楽しいんじゃないかぁ?なあ、そうじゃないかぁ?

 

 

と強く思うようになりました

 

ティッシュに近づけた気がする少し。

いったん、ここで鼻水を噛んでみようか。笑

 

 

そんな話を今日久しぶりに

高校時代の恩師と再会した際にお話したのですが

 

 

 

ティッシュは全部ではないが再生紙であることが多い。

ということはつまり

1回使ったらそれで終わりというわけではなくて

また形を変えて生まれ変わって

私たちの鼻水を吸収してくれるわけ。

単純に解釈してしまえばそういうことだよね?多分。

だから仕事も同じで

1つ1つの仕事には必ず、いや絶対意味があるし

意味のない仕事なんて存在しないと思っている。

  

だから、手放したら、辞めたら

それで終わりって言うわけではない。

これからの自分の人生に

どこかで必ず活かされてくるの。

そういった意味では

ティッシュと仕事を結び付けて考える君は

面白い考え方持っているし、

考えれば考えるほど深い話と捉えられるね。」

 

 

いや、私こんなにティッシュで深い話できると思ってなかったし

最後、こんないい感じに話を整えてくださるあたり

恩師ってすごいなぁと感心。

肩書き、恩師やっているだけあるわ・・・と

 

 

帰りの電車に揺られながらティッシュにまつわるetcを書いていました。

 

ダメよ~、ダメダメの話

寝ているときに夢をみてたのに

目が覚めたと同時に

ハッと全ての記憶がなくなって

なんの夢を見ていたのか思い出せなくて

やるせない気持ちになることみなさんありませんか?

 

わたし結構頻繁にあって

「これ絶対人に話したら面白い」

「これ絶対ブログに書いたら面白い」

って夢の中で思いながら寝てたはずなのに

 

”朝、目が覚めたら

大体ほとんどの夢たち、覚えていない。

見当もつかない。振り返っても何も残っていない。

ものすごくやるせない気持ちにさせてくれる。

なんて表現したらよいのだろう、あの焦燥感。”

 

って気分になります。

 

 

そんな感じで最近仕事中に

仕事に関係のない面白いこととか

ちょっとエロチックなこととか考えて

頭の中ぐちゃぐちゃにしたまま

仕事(カウンターセールス業なので

仕事中はだいたいお客さま応対をしている)

をしていると

せっかく頭の中で繰り広げられていた私の

おもしろちょいエロエピソードの数々が

お客さまとの会話やなんやで

おおよそぶっ飛んでしまって

 

“朝、目が覚めたら

大体ほとんどの夢たち、覚えていない。

見当もつかない。振り返っても何も残っていない。

ものすごくやるせない気持ちにさせてくれる。

なんて表現したらよいのだろう、あの焦燥感。“

 

と、先ほどに似たような感情に陥ってしまう。

 

んで、今日、今日こそは!!!

と仕事そっちのけでペンと紙を手元に置き

いつでも記録に残せるようスタンバってみたんですが

 

やっぱりそんな暇なんてあるわけなくて

そんなことやってる暇あるなら

一人でも多くのお客さま対応しろよって

 

後ろに座ってる上司から

釘撃たれそうな気が勝手にしてしまったので

あきらめることしかできなかった。

 

このままじゃまた

“朝、目が覚めたら

大体ほとんどの夢たち、覚えていない。

見当もつかない。振り返っても何も残っていない。

ものすごくやるせない気持ちにさせてくれる。

なんて表現したらよいのだろう、あの焦燥感。“

 

に似たような、もうそれだ、

似たようなじゃない、まぎれもなく

この感情になってる!と思って。

 

 

これ以上崖から突き落とされるような思いしたくない

これ以上自分に無理をしたら自分かわいそう。そう思ったので

じゃ、また新しく面白いこと考えるかって

崖から急に角度ガラリ転換して

ふと、昨日の会社の同僚たちとの会話を思い出した。

 

私「あれ、ダメよ~ダメダメっていう芸人なんだっけ?」

A「あ~、えっとね、日本エレキテル連合!!」

私「あ~~~それそれ!!超懐かしいね、

あれ、ダメダメ言う人の名前なんだっけ?」

A「あ~、えっとね、あけ、あけみちゃん!朱美ちゃん!!」

私「あ~~~~、それそれ!!超懐かしいね、朱美ちゃん!

あれ、朱美ちゃんの相手してるおっさんの名前なんだっけ?」

A「あ~、えっとね、あれ?名前あったっけ?」

私「え。名前なかったっけ?あのおっさん」

A「いや、どうだっけ?・・・・・・」

私「いや~気になる、気になって帰れない。ちょっと調べる・・・・

おお、お!!お、ほそ、細貝さん!!朱美ちゃんと細貝さん!!!!」

A「あ~~~~細貝さん!!そんな名前だったね!!!

うわ、なんか超懐かしいね!!!どこいっちゃったんだろうね~~~」

 

 

なんかよく日常でこういう会話あるよね。

よく聞くし、こんな会話友達とだって茶飯事レベル。

 

わざわざとりあげてまで

面白い会話ってわけじゃないけど

本当このときばかりは

残業いやんいやんムードから少し解放されて

明るい気持ちになったのは確か。

だからなのか、すごい楽しくて印象残ってて。

だけど今日この会話を思い出した時に

“そもそもなんでこの話になったんだっけ?確か前段があったはずなんだけどそれが今度思い出せないなって・・・・あれ、またモヤ、モヤ、、、、、、、"

 

 

 

“朝、目が覚めたら

大体ほとんどの夢たち、覚えていない。

見当もつかない。振り返っても何も残っていない。

ものすごくやるせない気持ちにさせてくれる。

なんて表現したらよいのだろう、あの焦燥感。”

 

に続いていた。

ストレートな歌詞が全力で今の私に突き刺さってくる唄のお話

ここ最近グリーンボーイズの歌を聴きながら出勤してるんですけど、

元の歌GReeeeNじゃないですか。

 

私が中学生の時めちゃくちゃ流行ってて、確か。

文化祭の有志発表では“愛唄”歌ったし

携帯電話を持ち始めた頃の着信音なんか

“キセキ”にしてた気がする。

付き合ってた男の子がGReeeeN好きで

その影響もかなりうけてさ~ぁ~

あぁ~若かったなぁ~って

今ふと昔の記憶が蘇りしみじみ・・・(笑)

 

と横道に逸れてはいかん。

 

そんなグリーンボーイズのお唄を

最近iTunesでダウンロードして

毎朝通勤途中のお供にしてるのですが

 

先日のMステで4人が歌ってる姿

(ってかもう9割菅田将暉しか

目に入ってなかったんだけど笑)を

初めて拝見して

 

胸打たれ

心が痺れたって話をちょっと。




めちゃくちゃ歌い方可愛いくないかい!?笑

いや、そこ?って?

うん、そこ。なまら可愛くないかい、菅田将暉

 

あんな可愛く全力でTVの前で歌われたら

そりゃキュンって、女子の心キュンってなるわ。

年下の男の子久方ぶりにキュンときてます。

 

全国の菅田将暉ファンの女子たちへ

私はこないだ初めて

菅田将暉くんいいな~っておもいました。

かなりスターと出遅れたかもしれませんが

どうぞお手柔らかにファン仲間にしてくださいな。

 

(笑)

 

 

しかも歌手じゃないからこその良さってあるよね

だから癖もないし、全力でこの歌を届けたいって

すごい感じるよね、、初々しさの中に全力です感

一言一言歌詞が心に入ってくるんだわまじでさ。

 

 

 

ってマテマテ。

 

菅田くんのかわいさを伝えたかったんじゃなくて

今回はこのグリーンボーイズもカバーしている

GReeeeNの“道”って歌について

その歌詞についてお話したかったんだよ(笑)

 

 

だけど長くなったしそろそろ疲れてきたし

とりあえずもう一回録画したМステみて

菅田くんの魅力を再発見してくるから

また気が向いたらGReeeeNのお唄について

書こうかなって考えていた。

お昼休み、食パンの耳をかじりながらっさ。(笑)

友達のはなし

私、インスタグラムもやっていて

さきほどまでいいね祭り開催していたのですが

 

今日はどうやら愛妻の日らしく(1/31)

旦那さんが

「今日は愛妻の日だよ、いいから休んでて!」と

友達に言って

料理やら片付けやら身の回りの家事を

すべて行ってくれたそうです。

ほっこりだよね、どっからどうみても

ほっこりするエピソードだよね。

いいなぁ、あぁいいなぁ、そういうの。

 

 

コメント欄にコメント残す友達の友達たち

揃いも揃ってなんか

「ほんと旦那さん素敵、うちの旦那も見習ってほしい!」

的なコメントばっかりで

本当は私も

「いいね~ほっこりするエピソードで癒されたよ」

とか

「いつか愛妻の日に旦那さんにそんなサプライズしてもらいたいな」

とか

 

私なりに彼女に伝えたいこと

あるんだけど、あるはずなんだけど

コメント欄にコメントする友達の友達たち

揃いも揃ってなんか

既婚者ばかりなので

独身の私がコメント残すの

ちょっと挑戦的すぎるかなって思いながら

 

まぁいっかお腹も空いたことだし

とりあえずインスタントラーメンでも食べよう!と

 

お腹も心も満たされることにいたしました。

う、うまい。インスタントラーメンよ、

期待を裏切ることのない安定の美味さ。

 ありがとう、ありがとう。

私は感謝される立場ではなく

今日は感謝する立場になりました。

 

 

未来の旦那さんへ

いつか愛妻の日には

こんな私にとびっきりのインスタントラーメンを・・・

欲張りませんから

こんな私にとびっきりのインスタントラーメンを・・・

まっています。じゅるっ

ついさっき母親から電話が来ました。

 

私は勤め先近くの賃貸アパートに

一人暮らしを始めてから

今年の春でちょうど2年になりますが

それまではずっと実家で暮らしていました。

 

今も仕事が休みの日は

定期的に実家に帰ったりしているのですが

ここ最近は

あまり実家に帰れていなくって。

 

 

ついさっき母親から電話がありました。

「・・・・・元気?」って。

 

 

いや口下手か。話し下手か。唐突か。

なんなんだ、コミュ障なんか。ww

 

 

私「うん、まぁぼちぼち」

 

 

母「最近寒いよね~、今仕事終わったの?」

 

私「うん、そうだね。今ちょうど帰ってきたところ」

 

母「そかそか。お母さんさ、会社でもさ、最近さ、

さむいさむいってず~~~~っと言ってるのに

みんなデブばっかでさ、ほんと全然暖房つけてくれなくてさ

青jgwンrlbンぽrgkばえぽ@pあdンvlsンb;おsjmンl;bkslkfbンl;dンbdンl;bmlxms:;bk:あgじょえあklbん:k

 

 

 

・・・・インフルエンザにかかったさ。へへ。」

 

 

 

 

はぁぁぁぁあああああああああなしがながい!!

 

しかも最後の照れ笑いっぽいへへってなに?

どういう感情?はぁ?

 

私「えっ?いつかかったの?大丈夫?熱は?食欲は?病院行った?」

 

母「うん、大丈夫。今日さ、会社行ってさ、さむいさむいってず~~~~っと言ってるのに

みんなデブばっかだからさ、全然暖房つけてくれなくてさ、vバイオHンb歩rgjパ;ンbあljンbヴぁ;おdンばあ;dぱおgj:あkふぁえいご@・・・・・・・・今日から1週間おうち引きこもりです。」

 

 

話をまとめるのがあまり上手じゃないの、我が家の母。

 

そんな母をいつもカバーしてくれるのが、我が家の父。

 

結局何が言いたいのって指摘しちゃうのが、我が家の長男で

 

ふはははっはは~~ってただ笑うだけなのが、我が家の次男。

 

そしてみんなをまとめてブログに書いちゃうのが、そう我が家の長女。

 

つまり私なわけで(笑)

 

とりあえず

 

 

ついさっき母親から電話が来ました。

 

インフルエンザ少々心配ですが

久々に声聴いた気がしてなんかほっこりとした。

 でも話が長くて聞くだけで

ちょっと疲れちゃったよぅ母。(笑)

だから早々にまとめに入るけど

みなさん手洗いうがい忘れずにね、へへっ